カジノにおける不正行為

カジノにおける不正行為

世界に運まかせのゲームが登場して以来、大半のカジノゲームと不正行為の歴史は密接に絡み合ってきました。かのアルバート・アインシュタインもカジノのルーレットで勝つための基礎やルールを研究した(とされています)ようですが、そんな彼でもルーレットで勝つにはチップを盗むしかないという言葉を残しています!彼のこの言葉や、ご自分の今までの経験から考えて、ルーレットで不正行為を働くのは可能だと思われますか?その答えを探っていきましょう!

ルーレットでの不正行為は可能か – 多くの人が挑戦してみたものの

大半の人は、ルーレットで不正を働いた場合に起こりうるリスクを考えた時点で抑制がかかるものです。しかし一部の向こうみずな人たちにとってはそうではありません。今日でも、カジノを出し抜きたいと考える人々は、様々な「イカサマ」の方法をより高度なものへと進化させています。ルーレットではベッティング周辺の不正よりも、ゲームの要素に変更を加えて自分たちの勝率を高め、カジノ側の優位性を抑える方向に向かっています。最もよく知られているルーレット戦略を使っても効果がなく、プレイヤーが有利になることはないと分かっていても、多くのプレイヤーが挑戦してきました。

一部では、レーザー付きの機器を使うことで玉とホイールの速度を計測し、マイクロコンピューターを使って玉が落ちる位置を計算できるのではないかと考えた人もいたほどです。

磁石付きの玉の利用は、一時期多くのプレイヤーの頭を混乱させました。この方法は、本物の玉を磁石付きの玉と入れ替え、磁場を使って玉の動きを操ろうという試みだったのです。興味深いことに、この方法に手を出した人々が完全な磁石の玉を使うことはありませんでした。なぜなら、玉があらゆる金属にくっついてしまうからです。その代わりに彼らはコイルが中に入ったもので、特殊なダイオードが塗られた玉を使いました。カジノがこれに気づくまでに時間がかかったと思いますか?もちろん、すぐに見破られました!

プレイヤーとディーラーの共謀

この有名なギャンブルゲームのファンなら、ルーレットで大金を獲得した人の話は聞いたことがあるでしょう。しかし、その話を聞いてルーレットで不正をしてみようと考えた場合、おそらく最初に頭に浮かんでくるのはクルピエ(ディーラー)と共謀することではないでしょうか。

理論的には、クルピエと仲良くなることはできます。そして、不正に加担するよう説得することもできるかもしれません。しかしそれは一時的なものです。どんなカジノでも、最高水準の安全、不正防止策を採用しています。彼らはすぐに不正を見抜き、そのクルピエと共に告訴の手続きをとるでしょう。

それでもルーレットで不正行為ができると思われますか?ここまでの話では、まだ十分ではないという方のために、もう少し事例をご紹介しましょう!

オンラインルーレット

デジタル時代は様々な新しいものをもたらしてくれました。オンラインカジノもその1つです。そしてオンラインならうまくいく不正システムがあるのではないかと考える人も多くいます。乱数発生器(RNG)に何らかの手を加えることは可能でしょうか?

当然のことながら、答えは不可能です!カジノのRNGアルゴリズムを出し抜くことは事実上不可能であることを覚えておきましょう。この記事を読まれている方であれば、十分な経験や知識を持っているでしょうから、合法的で上質なカジノの大半は、プレイヤーを安全かつ公平に扱うために、必ず乱数発生器を使っていることをおそらくご存知でしょう。

そして、乱数発生器を使用している以上、プレイヤーの勝ち負けは完全な運任せになるのです。あなたがハッキングの達人でもない限り、ラウンドごとの結果を予測するのは不可能です。また、仮にあなたがハッキングの達人で、スキルを活かしてRNGの操作に成功したとしても、見つからずに逃げることなど到底不可能であることをはっきり覚えておきましょう!